インテリアコーデに欠かせないファブリックって?生地と布の活用術

ファブリックで部屋をお洒落に!生地にこだわれば見た目も変わる

使われる業界で意味が違う

一般的にファブリックという言葉はインテリア関係で使われる言葉になりますが、IT業界ではストレージファブリックという言葉が使われることもあります。業界によって同じ言葉でも全く意味が違ってくるのです。

ファブリックとテキスタイルの比較

ファブリック

ファブリックは布や生地を使った製品を指していることが多く、日常生活に利用されるカーテンやラグのことを意味しています。基本的にはインテリア用語として利用しているようですね。

テキスタイル

テキスタイルも生地や布を指していることが多いですが、こちらの場合は加工前の状態を意味していることがほとんどです。素材そのものに使うことが多いですね。

インテリアコーデに欠かせないファブリックって?生地と布の活用術

裁縫

インテリアにこだわる

インテリアにこだわりを持つ方々が最近取り入れることの多いファブリックという物は一体どういったものなのでしょうか。ファブリックは布や生地のことを意味しているようですが、カーテンや絨毯にも使われることが多いため幅広い意味合いを持っているようです。

布

注目のファブリック

ファブリックをインテリアに取り入れる場合には、まず内装の色合いと雰囲気を考慮する必要があります。木材が多く使われている内装であれば、天然素材使っているファブリックを選択するとより自然にコーディネートすることが出来ますよ。

室内にファブリックを取り入れている方々の声

裁縫

温かい雰囲気が出ました

冬が近づいてきたのでウール素材のファブリックを使っているもので部屋をコーディネートしたのですが、すごくいい感じになりました。全体的に温かみが増して、外の寒さを緩和してくれるような雰囲気が出ています。

友人にも褒められています

最近から部屋のコーディネートに気をつかうようになったのですが、ファブリックを活用するようになってから友人にも褒められています。なかなか褒められる機会がないし、長い付き合いの友人なので結構嬉しいです。

インテリアだけでなく実用性もあります

ファブリックでの部屋コーディネートは見た目以上に実用性が高いと感じています。住まいの過ごしやすさや快適さに大きく貢献してくれているので、個人的にはもっと大勢にオススメしたいですね。

広告募集中